革製ブーツ、手入れしてる?手入れの頻度と保管のポイント紹介!

皆さんは、手持ちの皮ブーツをお手入れしていますか?なかなか面倒ですが、やるとやらないとではブーツの持ちが変わってきます。ですので、もしお気に入りの物があるのであれば、ぜひ手入れしてあげましょう!

と言っても「どれくらいの頻度で手入れしたら良いのか?」「保管するときはどうするの?」ということがわからないと、手を動かしようがありませんよね?

ということでここでは、革製ブーツのお手入れ方法・頻度・保管するときのポイントをまとめていきます。参考までにご覧くださいね!

photo by adambindslev

 

スポンサードリンク

 

 

手入れの前に使う物を準備

靴用ブラシ

出典:http://goo.gl/A2l0OS

ブーツの細かい凹凸部分、縫い目と本体の間のゴミを掻き出す際に使用します。約1000円ほどから売っていて、毛の材質の良い3000円位するブランドのブラシもあります。

ポイントで使うのであれば数百円の小さめブラシでもオッケーです。

 

消臭スプレー

出典:http://goo.gl/1bSqeq

湿気や熱がこもりやすい革製ブーツは、中が臭くなりやすいです。お手入れの際は、消臭スプレーで嫌な臭いをカットしてあげましょう。500円ほどで通販購入できるほか、100均で売っている場合もあります。

 

靴磨きクリーナー

出典:http://goo.gl/TYgpgM

ブーツについた汚れを落とす際に使います。物にもよりますが、皮のコンディションを柔らかく艶やかにしてくれる効果も期待できるので、ブーツのお手入れが楽しく感じますね。

価格は300円ほどから。靴屋さんに行くと老舗ブランドの物が1000〜2000円ほどで売られています。はじめはやすい物でどんな感じに綺麗になるか試し、後でこだわって手入れしたくなったら高いのを買う・というのが良さそうです。

 

柔らかい布

3枚ほどあると良いですね。クリーナー用、艶出しクリーム用、空拭き・水拭き用で一枚づつです。百均のマイクロファイバー布巾を靴様に何枚か買っておくと便利です。

 

艶出しクリーム

出典:http://goo.gl/06xGFd

ブーツのツヤを最大限まで引き出してくれます。無職の物、茶色・黒など、様々な物があります。自分のブーツの色に合わせて購入しましょう。

はじめは無色透明の物で試し、使用感を確かめるのがオススメです。

 

防水スプレー

出典:http://goo.gl/mzVQzA

吹きかけることで革靴が水を弾くようになります。水分は革製品にとって天敵なので、こまめに吹きかけてあげたいですね。艶出し効果が期待できる物もあるので、クリームと併用することでブーツがさらにピカピカになる場合も。

いじょうが、ブーツのお手入れに最低限必要な物です。次の項から、手入れについてまとめていきます。

 

革製ブーツの手入れ方法は?

出典:lkbm

まず、革製ブーツについている埃や大きな汚れを落とすところから始めましょう。ブラシを使うと良いですね。細かい埃もからめとってくれます。

そこから

1・クリーナーで表面を拭き取る
2・クリームを塗って光沢を出す
3・防水スプレーを吹きかける

という順で進めていきます。

クリームとクリーナーは、適量を柔らかい布につけ、丁寧に伸ばすようにしましょう。あくまでも優しく、靴を傷めない範囲でこすってください。(細かい量は製品の使用方法を見れば書いてあります)

最後は、靴の内側に消臭スプレーを多めに振りかけてあげましょう。特に男性のブーツはすぐに臭くなってしまうので、気をつけたいですね。

「しっかり綺麗にしたい!」という方は、手入れを始める前にブーツの靴紐を外しておいたほうが良いです。これによって、細かい部分にも布が行き届き、満遍なくブーツ全体を綺麗にすることができます。

こういった動画を参考にしながら行うと、感覚を掴みやすいです。参考までにご覧ください。

 

どれくらいの頻度でやったら良いのか

出典:theunquietlibrarian

前述のお手入れは、2週間〜1ヶ月に一度行うくらいが目安だと言われています。

これによって長くツヤが保てるので、最低一ヶ月に一度、クリームを使ったお手入れをするよう心がけてみてはいかがでしょうか。

埃を落とす・凹凸のゴミ取りは、毎日でも構いません。(そのブーツを履く頻度にもよりますが)そのほうが汚れが蓄積せず磨く時も楽なので、気がついた時にブラシで綺麗にしてあげると良さそうです。

また、皮の種類や質によっても微妙にお手入れ方法は変わってきます。基本は上記のお手入れで大丈夫ですが、自身のブーツのツヤ度合いや履く頻度に合わせて、適切なお手入れをするようにしてみましょう!

 

スポンサードリンク

 

 

手入れした後の保管方法は?

by picmic51

ブーツの方を崩さないよう、ブーツキーパーをつけて保管するようにしましょう。

出典:http://goo.gl/uNNCea

保管する際はなるべく風通しが良い靴箱に置きたいですね。

カビが心配であれば、ブーツの近くに除湿剤を置く・また、買った時の箱に乾燥剤を入れ、型崩れしないように保管するというのもありです。(出すのが面倒になりますが)

しまうタイミングで、除菌スプレー・消臭スプレーもかけてあげましょう。靴箱の中で菌や匂いが増殖するのを防げます。

また、雨の日はしっかり拭いて水気を切ってから片付けるのも大事です。放っておくと水で皮がダメになってしまうので、気をつけたいポイントです^^;

 

あとがき

以上、革製ブーツのお手入れの基本ポイントをご紹介させてもらいました。大切にお手入れして履く事で、ブーツの寿命はとても長くなります。

もし、奮発して買った・プレゼントとしてもらったブーツがあるのであれば、気がついた時にお手入れできるよう、道具を買い揃えるところ からはじめてみましょう。

お手入れ用具があると、「せっかく買ったし、ブーツでも磨くかな!」と思えるのでオススメです。買った時のかっこいい状態のまま、長く履き続けられるよう頑張ってみてくださいね^^

 

スポンサードリンク

 

この記事を「役立つ!」「いいね!」と思ったらシェア!
Buffer this pageTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Share on FacebookShare on VKShare on StumbleUpon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る