【男性必見】目線を合わせない女性はどんな心理状態なのか?

  • 『話していても目を合わせようとしないな・・・』
  • 『なんでここで目線そらすの?』

女性と接していて、こういった事を思った事はありませんか?

これは、あなたに対して女性が『なんらかの感情を抱いている』現れ。こちらからするとそれが『好かれている』なのか『嫌われている』なのかが、やきもきして気になってしまいます。

今回はそんな『視線外し女子』の心理について考察・まとめてみました。

身近にそんな女性がいる方、参考までに見てみてくださいb

by samjuk

 

スポンサードリンク

 

 

あなたの事が好き・別に嫌いではない場合

男性にとってほっとする・よかった〜と思えるのがこの場合ですね^^女性に限った話ではないですが、好き・気になっている方とは目を合わせにくい方も多いです。

これなら、時間が経ち慣れる事で、だんだん目を合わせてくれたり、楽しく話が出来るようになるでしょうb。

自分に対して特別な感情がない場合でも、初対面やあなたと系統の違う女子なら、目を見て話しかけにくい事も多々あります。焦らず、気にせず・・・少しづつ仲良くなるのを待っていると良いでしょうね^^

 

あなたと話したくない・避けたいケース

これが厄介なパターンですね^^;女性の性格にもよりますが・・・あなたの事が嫌い・用事がない時以外は話しかけないで!という女性なら目を合わせてくれなくても不思議ではありません。

もし、何度話しかけても目線を合わせてくれない・なんだか目つきが怖い・・・なら、その女性とは一旦距離を置くようにした方が得策かもしれません。

あなたが、その女性からしてみると『悪いところを指摘しにくい・言っても無駄な人』という認識を受けていると・・・向こうも不満を口に出したりはしません。目線を合わせない・という事が『あなたの事が嫌いですよ』というアピールの可能性も十分あります。

共通の知り合いがいる男性・職場の方に『おれって嫌われてるのかな?』と相談し、客観的なアドバイスを受けましょう。そしてその通りに生活。少しづつ自分の印象を回復する事を祈って・・・待つのが無難です。

無理に『目を見て話そう!』などど言うと、その女性が参加する女子会で『あいつマジきもい!』とネタにされ自体は悪化するかもしれません。

少しでも『嫌われているから目を合わせてくれないのかも』という風に思ったら、深追いしない事が鉄則だと思いますよ^^;

 

なにか誤解を生んでいるかもしれない

嫌われてる・まで行かなくても・・・自分についてのなにか良くない噂が広まって、相手が目を合わせにくい場合もあります。この場合も無理に誤解を解く・噂を信じないで!などの発言をするよりも、人の力を借りた方が賢明です。

自分が『違うんだって!』と言うと『弁解・言い訳』と捉えられてしまいます。ですが、人から『実は違うらしいぜ?』と広めてもらうと、なぜか自体は一気に収束します。

目線を合わせてくれない場合、根も葉もない悪口・良くない噂を広められて、女性がそれを信じてしまっている可能性もある・という事です。

 

もし、今まで態度が普通だった女性に、特に嫌われる理由も無いはずなのに目線を逸らされるようなら・・・この線を疑ってみましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

女性側になにか後ろめたい事がある場合も

『自分に対して特段嫌な顔はしないけど・・・最近視線を合わせなくなったな・・。』

この場合は、女性側になにか『もしわけない・後ろめたい』と思っている事柄があるのかもしれません。例えば『仕事でのミスを言い出せずにいる。』『忙しい日に休みを取りたいけど言いずらい・・・』とかですね。

もし、あなたが女性より上の立場にいるなら、この辺を素早く察してあげましょう。向こうから直接の発言がなくても『最近どうだい?仕事でなにか困った事はない^^?』と優しく聞いてあげます。こうする事によって、女性も言いたい事を吐き出しやすくなります。

目上の男性に対して、思った事を口に出来る女性は多くありません。溜め込んでいるものをこちらからアプローチして言わせてあげると、向こうもすっきり。以前のように視線を合わせてくれるようになるでしょう。(場合によってはこちらお株があがるかも!)

 

あとがき・目は口ほどに物を言う

 

このように、言いたい事を言えない状況にある女性は視線に気持ちが出ます。

自分と近しい女性がもしそうなら・・・・なにかしら、あなたに対して思っている事があるはず。普段通り接すると火傷する場合もあるので、自分の言動を見直す・周りに助けてくれる見方を作っておくのは大事な事だと思います。

特に、自分より女性の扱いが上手い男性友人・同僚は、頼りになります。どうしたらいいかわからない!なら、まずはこういった人たちに助言をもらうようにすると・・・状況が長引く事を避けられるでしょうね^^b

 

スポンサードリンク

 

この記事を「役立つ!」「いいね!」と思ったらシェア!
Buffer this pageTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Share on FacebookShare on VKShare on StumbleUpon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る