メンズネイルを始めよう!やってみたくなるデザイン画像まとめ

まだまだ「万人に浸透している」とは言えませんが、メンズがネイルアートする・という事がじわじわと広がりつつありますよね^^

はじめはクリアでツヤを出すところから入り、「こんなに綺麗になるんだ!」と感動しデザインにもチャレンジしてみる・・・こんな方も多いです。

女子受け的には賛否両論ありますが、カッコイイ・似合っているデザインであれば良いですよね。特に個性派男子に取って、デザイン性の高いネイルは良い自己アピールポイントになるはずです。

今回は、思わず「やってみたい!」となるようなメンズネイルのデザインをまとめていきます。

by bobbi vie

 

スポンサードリンク

 

やってみたくなる!メンズネイルのデザインまとめ

by http://ameblo.jp/gloss-magic

アメコミの「バッドマン」や「スパイダーマン」をモチーフにしたデザインですね。シルバーや黒を基調としていて、男性らしさがキマっています。

原宿系ファッションとの相性が良さそうです!

 

by http://magique.blog106.fc2.com

黒×ワインレッドの引き締まった感じがかっこいいです^^アメリカン・ポップなイメージのデザインですね。黒一色から試す場合、少しづつ画像のように赤や星を塗っていくと、デザインをカスタムしやすそうです。

 

スクリーンショット 2015-09-16 13.32.24

by http://www.mobypicture.com

もはや芸術の領域ですねー^^よく見ると、ストリートファイターのプレイ画面になっています!

こういったデザインは時間がかかるようですが、一度はやってもらいたいですね。キラキラしすぎていないので女子受けも大丈夫そう。話のネタにもなるでしょう。

 

by http://blog.goo.ne.jp/tokyo-fashion

ロックテイストな感じも良いですね。シルバーのリングやブレスレットをつける方にピッタリです。

器用な方だと、ストーンをのせるくらいまでは自分でできるとのこと。時間があるときにチャレンジしてみるのも面白いかもしれません!

 

by http://news.merumo.ne.jp/article

少し女性よりのデザインですが、こういった配色は指を綺麗に見せてくれます。単色やツートンは、初めての方が自分でやる際も簡単・失敗しにくいので、入門編としてやってみるのも良いかもしれません。

画像の方は指の毛まで処理していて、女性より手が綺麗に見えますね!

 

初めての場合はどこから始める?

「自分でやってみたい!」という方は、まず親指に一色塗るところから始めてみてはどうでしょうか爪の面積が大きく塗りやすいですし、「メンズネイルイコールまずは親指」みたいなニュアンスもあります。

色は黒・青・緑など、男っぽい色がオススメです。鮮やかな赤等もカッコ良いですが、いきなりだとハードルが高いですね^^;

自分のキャラやファッションを考えながら、合いそうな色を親指に、綺麗に塗るところから始めてみましょう

また、とりあえずやってみる・のであれば百均で一式準備することができます。

ベースコート・カラーネイル・トップコート・爪磨き、つや出し・失敗したとき用のリムーバーとコットンが必要になりますが、100円ショップで揃えると5〜600円くらいで始めることができます(やすい分、乾くのが遅かったりしますが)

最初はこの程度でも十分だと思いますよ!

 

スポンサードリンク

 

みんながやっているメンズネイルは?

 

 

あとがき

このように、メンズだからこそ似合うようなデザインも沢山あります。

自分でやる他、大体のネイルサロンでは男性の施術も行ってくれますし、最近では「メンズ専用サロン」なるお店も爆発的に増えています。「男一人で入れるか!」という方は、そういったお店が近くにないか探してみるのもよいですね^^

女子受けを考えるとなかなか踏み切りにくいジャンルではありますが、若いうちにしかできないネイルデザインもあります。

あとから「こういうのもやっておけばよかったな〜」と思う前に、思い切ってチャレンジしてみましょう!

 

スポンサードリンク

 

この記事を「役立つ!」「いいね!」と思ったらシェア!
Buffer this pageTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Share on FacebookShare on VKShare on StumbleUpon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る