【メンズ】ウエストインが今キテる!参考になるコーデ画像・コツまとめ

ここでは

「メンズノンノとかでよくみるトップスをズボンに入れるコーデを真似したい!」

という方に向け、メンズのウエストインコーデの画像やポイントをまとめていきます。はじめは難易度が高く感じますが、真似から少しづつ入れば失敗はしません。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!

画像出典元:wear

 

スポンサードリンク

 

真似したい!メンズのウエストインコーデ

画像出典元:wear

定番中の定番、白×黒の上下をウエストイン・という再現性の高い着こなしです。上下どちらも緩めシルエットですが、インすることによってきっちり感・まとまり感が出ています。

 

画像出典元:wear

サスペンダーとの相性も抜群。使うだけでボーイッシュなテイストに早変わりするので「ウエストインはしたいけど、大人っぽい感じは難しそう」という方、こういう感じから初めるのも無難な選択肢ですよ!

 

 

画像出典元:wear

ミックスコーデにウエストインを盛り込んだ、お手本になる着こなしです。中のシャツを「きっちり入れすぎていない」点がミソ。アウターやジーンズのカジュアル感を壊さず、適度に大人っぽさを取り入れる事に成功しています。

 

 

画像出典元:wear

ウエストインのメリットには「足が長く見える」というものがあります。画像のようなロングコートと合わせると、さらにすらっとしたシルエットに見せてくれますね。

ロールアップかつウエストインにもかかわらず、バランスが取れている素晴らしい着こなしです。

 

画像出典元:wear

ベルトをおしゃれに見せたいときにも、ウエストインがピッタリです。画像のように大人っぽい・ダンディさのあるコーデにはまさに最適。シャツを出すよりもこちらの方がジャケット・ネクタイには合っています。

 

 

画像出典元:wear

シンプルにシャツ×ジーパンで活用するのもアリ。袖や裾を「ちょいロールアップ」する事によってウエストインのまとまり感をさらに加速させるやり方です。

 

画像出典元:wear

タートルネックと帽子で、小顔効果抜群の着こなし。ウエストインを加える足が長く見えるので、さらにモデルさんのような整ったシルエットに見せる事ができます。

同系統でまとめると「ウエストインしている感」がぼかされるので「初めてのウエストイン、自信ないな・・」という場合にも応用が利きます。

 

スポンサードリンク

 

ウエストインコーデのポイントは?

ウエストインをする上でのポイントは幾つかあります。「シャツなどをズボンに入れる」これだけのことですが、

・ズボンはワイド・ユルっとした感じが使いやすい
・首元はタートルネックや詰め気味が会う
・羽織るもの次第で印象が変わる

この3点を抑えることによってさらにおしゃれに着こなせます。

コツがわかると色々な服装に取り入れやすいので、コーデを考えるのもはかどりますよ!上記の参考画像を確認しながら、以下のポイントを確認してみてください。

 

ズボンのサイズ感は緩め

ウエストインをすると、全体的にタイトな印象のかっこよさを演出できます。ただ、ズボンまでピチピチ・ゆとりがない感じだとただの「シャツインズボン」に見えがちです。

これを緩めシルエットのズボンにチェンジすることで、上半身と下半身のメリハリをつけることができます。ジョガーパンツやワイドパンツは、まさにウエストインにはピッタリです。

スラックスやジーンズであれば、腰回りにゆとりがあるものが良いでしょう。ベルトを締めた時に腰〜太もも周辺がすこし膨らむような感じにすると、ウエストインでも「ヲタク感」が出ずらくおしゃれに着こなせます!

どうしてもちょど良いズボンがない時は、アウターなどの羽織るものをゆったりした感じのものにチェンジ。ズボンで出せななかったメリハリをカバーすることができます。

 

首元が詰まっている感じの方がキマリやすい

きれい目な感じが特徴のウエストイン。全体の印象もそのようにまとめた方が良いですね。V字ネックやネルシャツはカジュアルな感じが強いので、避けた方無難です。

ピッタリなのは「タートルネック」「シャツ」などの首元が隠れやすいインナーです。ウエストイン特有の「きっちり感」を上半身で統一する効果があります

これによって大人っぽい感じを出すことができますので。試してみましょう。

 

羽織るもので印象を変えられる

「テラードジャケットを羽織ってきれい目な感じ」

『チェスターコートや長い丈のシャツでユル感を演出」

「ライダースで適度にカジュアル・かっこよさをプラス」

など、中の服はそのままでも、羽織るものによって印象をコントロールしやすいのもウエストインの魅力です。

きっちりした感じでインナーボトムスが固まっているので、後はアウター次第でシーンに応じたコーデを考えやすいはず。「服をあまり持っていない」「予算が限られている」という場合の着まわし術としても優秀ですね!

 

あとがき

このように、ポイントさえ押さえればこっちのもの。

ウエストインを使いこなして「きれい目大人メンズ」を目指してみてはいかがでしょうか!

【関連記事】

メンズの冬ファッションで「シンプル」を目指す人におすすめのコツ・コーデ画像

【メンズファッション】バンドカラーシャツをコーデに取り入れる方法・コツは?

【メンズの黒スニーカー】外さない・おすすめの鉄板人気ブランド6選

 

 

スポンサードリンク

この記事を「役立つ!」「いいね!」と思ったらシェア!
Buffer this pageTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Share on FacebookShare on VKShare on StumbleUpon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る